muku / プリーツパンツ

  • 2015.02.15 Sunday



こんにちは、石原です。


瞬間的で、刹那的な、

震えるような感動に永遠をみることがあります。

その一瞬は儚く過ぎ去るけれども、残った想いや空気は消えない。

手のひらからするりと零れても、まだ掴んでいるような感覚。

まるで、光の残像。

そういったものは、なかなか消えません。


先日、横浜まで、マームとジプシーの「カタチノチガウ」を観に行きました。

出来うる限り、全ての公演を観に行きたいと思っている演劇集団です。

これまで観てきた作品の中でも、「カタチノチガウ」は完成度の高い作品だと思いました。

リアリティのあるシチュエーションがマームには多いのですが、

今回はお屋敷に住む三姉妹という童話のような世界。

スズキタカユキさんが手がける衣装も、クラシックな雰囲気に、空気を含む柔らかい質感で、

裏地のスカートの柄が象徴的に効いていました。

舞台転換は今回なく、終始、音とリズムに合せて身体を酷使する役者陣。


個人的な印象なのですが、私はマームの藤田さん(主宰者)が、

芸術家として社会に携わっていくことを認めて形にした作品のように思いました。

マームには、いた場所から立ち去るというテーマが執拗に根本にあって、

その個人的執着が魅力的な部分なのですが、

その閉ざされた記憶の出来事というところを越えて、

観客側に投げかけるようなメッセージ性を垣間見た気がしました。

寓話的なものとして見せる事で、苦しい事柄や知って欲しいものを、

観る側に、絵本を開くように聞かせる。

直接的なものの言い回しではなく、比喩表現が巧みに使われていました。


「生きていることが本来なのだろうか。」

色づいて際立ってぶつかりあう、生というものに対して、

枯れて溶けて、土地とひとつになる、死というもの。

そう、確かに死というものが自然にあるべき姿のように思える。

この時の長い台詞は、とても文学的で詩的で、美しかった。

哲学的で、古典的でもあった気がします。


4月には「ヒダリメノヒダ」という新作がKAATで。

今の、生きる指標は、この公演です。





muku / プリーツパンツ

mukuのポケットパンツも好評ですが、受注会で圧倒的に好評だった、
こちらのプリーツパンツ。
一度この穿き心地を体感してしまうと、なかなか抜け出す事のできないほどに、
癖になる一枚です。


モデル身長:154cm



たっぷりとした生地を使用しているこちらのパンツ。
ラックにかかっている状態よりも、着用していただいた方が、すっきりとした印象に。



mukuのお洋服は、不思議とたった一日着用しただけで、
生地が自分の体にしっくりと馴染みます。



まだ今の状態はサイドに折りシワが入っておりますが、
こちらがきれいに落ちて、もっとすっきりとしたシルエットに。



一年間通してご活躍いただける、リネン素材。
今はタイツ、レギンスを中にたくさん着込んで。



リネンデニムのしっかりとした生地ですが、非常に柔らかくて、
味わいが着込むごとに増していく、着る事の楽しさを教えてくれる素材。





上下同じ素材で合せても、妙な印象にならないのは、mukuが持ちえる、
いい意味での主張のなさだと思います。


muku / プリーツパンツ
evam eva / organic linen tunic
モデル身長:168cm



チュニック丈のトップスとも相性の良いパンツです。
一緒に合せているトップスは、evam evaの純度の高いリネンを着用したチュニック。
こちらもまた、着込むごとに、深い味が生まれます。





先ほどのコーディネートの上にコートを羽織りました。
GARMENT REPRODUCTION OF WORKERS / OLD FARMERS COAT

こちら完売しておりましたが、1点のみ再入荷しております。
メーカーもすでに完売しております貴重な商品となります。



グレー×ブラックのグラデーションのスタイルは、統一感があり、
洗練された印象を与えてくれます。





春のコートは室内でも着れるものばかりなので、
重ね着の好きな私は、とても好きなアイテムのひとつ。





夏になれば、涼しくさらさらとしていて、きっと快適にお過ごしいただけるでしょう。
どの季節にも欠かせない存在となりえる、mukuのプリーツパンツ。

 

当店Facebookページにて入荷情報、ブログ etc..の更新情報をお届けしております。
よろしければ、当店ホームページとあわせましてぜひご活用くださいませ。


Re;li[リ;リ] Facebookページ
PEOPLE(姉妹店) Facebookページ


-Re;li[リ;リ]-
〒860-0845
熊本県熊本市中央区上通町9-14田上ビル1F
TEL / FAX : 096-354-3636
営業時間:11:00〜20:00 【年中無休】
info@reli-shop.com
商品のお問い合わせ etc..何でもお気軽にご連絡ください。

当店からメールが届かないお客様へ

TWITTER :@Relishop
Facebook:Re;li
Instagram:@reli_shop

  • コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    concept
    photo
    blog
    map
    mail
    online shop

    Category


    Archives


    Entry


    recent comment


    Link


    Search