ヘミングウェイについて【Suno&Morrison】

  • 2013.08.11 Sunday



こんにちは、石原です。


ヘミングウェイという人は、20世紀に活躍したアメリカの作家の中で、

もっとも愛されていたと言っても良いくらい、その文学的スタイル、私生活に至るまで、

人々が理想とするアメリカ的な生き方を再現していました。

釣り、狩り、ボクシング、闘牛。

恋多き人間としてもよく知られる彼は、結婚と離婚を幾度となく繰り返しています。

彼は、晩年、自らがとても愛用していたライフルで自殺を遂げます。

いつしか、おおらかで気の優しい彼を、追い詰めていったもの。

それを想像すると、とても悲しい気持ちになります。


先日ヘミングウェイの短編集を読み終えました。

学生の時に一度【老人と海】を読んだのが、ヘミングウェイを初めて知った瞬間です。

あまりに淡々とした書き方に、文字を辿っているというだけで、

内容に入り込めなかったのをよく覚えています。

しかし、先日読んだ短編集はとても良かった。

事実を事実として書く手法、比喩表現の限りなく薄い、無駄のない文体が、

読み始めは物足りなさを思ったのですが、

一つひとつ短編を読み進めるうちに、そのよく練られた編集といいますか、

この短編の緻密に計算されたに違いない順番に唸りました。

その編集に関しては、ヘミングウェイの技量ではないのですが。


戦争の残骸が当たり前の風景のように登場する部分。

ニックの冒険活劇に登場する、自然を知り尽くし生き延びる、

こと細かな造作の描写は、まるで自分がその場にいるような感じがして、

好きな部分でした。

ヘミングウェイの生き様を、垣間見る事のできた短編集。

時間が経って、今度は、実際書かれた、時系列順に読むのも

おもしろいかもしれないと思う今日この頃。






本日は、今季よりお取り扱いがスタート致しました、

気持ちの寄り添える、優しく暖かい小物ブランドのご紹介。





-Suno&Morrison-


オーガニックコットンのガラ紡を中心に、

インドやタイの手紡ぎの糸など、デザイナー自身が実際に使ってみて気持ちよいと

感じた糸や素材で、ものづくりを行っている。

普段の生活の中に溶け込むような、側に置いておいて気持ちのよいもの。

大量に作る事は出来ない、人の手を感じられるもの。

そして、作られる背景にも魅力があるものをめざし、

日々素材と対話しながらものづくりに取り組む。





デザイナーさんの齋藤さんは、とても柔らかな空気を携えていて、

すごく可愛らしい女性。

ふんわりとした表情の中に、糸へのこだわり、ものづくりへのストイックなまなざしを垣間見ます。

Re;liの空間に、ほっとする安堵感を与えてくれるような、ガラ紡を使った小物の数々。

ひとつひとつご紹介したいと思います。



Suno&Morrison / Cotton Stone×Gold Petit Pierce

織りの際に残ってしまう糸をかためて、石の様に見せたピアス。
石ではなく糸なので、軽石のような軽さ。
絹糸の上から純金を撚った、純金糸で作ったゴールドのパーツと組み合わせてあります。
一粒一粒手作業で作られておりますので、サイズやカラーは一点一点微妙に異なります。

ピアスは三型ございます。
まずは、Petit Pierceから。



右と左で異なるデザイン。
耳にぴたりと貼り付いて、さり気無い装い。



純金糸の玉も密やかな存在感を放っています。
col.インディゴブルー。
オリエンタルな気配漂う。



col.サックス。爽やかで、清閑なイメージ。



一つの耳に二つつけるのも良いと思います。






col.アイボリー。
白っぽい糸にゴールドは上品な雰囲気。








Suno&Morrison /Cotton Stone×Gold Assimmetry Pierce




片方は垂れ下がり、片方はぴたりと張り付くデザイン。



人が動くとピアスも揺れる。




Suno&Morrison / Cotton Stone×Gold Circle Pierce

一番女性らしさのでるサークルピアス。



私はこの色を購入して、髪を結んでいるときに愛用しています。



留め口はこのように穴に通すタイプです。



こちらも左右違うデザインになっています。
大きい石が一つのものと、小さな石が並ぶ方。



つけるとこのように、さりげなくゆらり。






糸の間に挟まった純金の丸玉が可愛いのです。






本当に石のように見えてしまう、色のグラデーション。





ピアスをたくさん買ってストックして置くのは、
女性ならみなさん、開けてる方は共通するところ。
お値段も全てお手ごろです。




Suno&Morrison / Hand Woven Indigo Mix Coaster

主にガラ紡のインディゴ染めなどの残り糸を使用し、
手織りで織られたコースター。
一枚一枚、色や柄が異なります。



【ガラ紡とは】

Suno&Morrisonのメイン素材の一つ、ガラ紡。

ガラ紡はガラ紡機という紡績機で紡がれた糸の事です。

ガラ紡機は、明治時代後半に日本で考案された、最も古い日本製の紡績機。

元来は、繊維品が貴重だった時代に、糸くず等の繊維のごみを糸として再生するためにつくられました。

当時はまだ電力が無く、水車で動いていたそうです。

一時期は普及していたガラ紡機ですが、現代の量産型の紡績機に押され、

徐々に衰退して行き、現在は2,3件で稼働しているのみとなってしまいました。

ガラ紡機の紡ぐスピードは大変遅く、1日で出来る糸の量は約10kg。

これはSuno&Morrisonの大判ストールに換算すると、25枚分程しかありません。

しかしながら、ゆっくり紡がれるが故に、空気を含み、柔らかく軽い、

まるで手紡ぎのように素朴なムラ糸が仕上っていきます。

これは、現代の紡績では決して真似する事のできない、

ガラ紡ならではの風合いであり、日本の素晴らしい技術です。

Suno&Morrisonで使用しているガラ紡は、原料がオーガニックコットンの落ち綿※になります。

その為、通常の綿の原料のものに比べさらに柔らかく、肌あたりの優しい風合いの生地に仕上がっています。

ご自身で使って頂くのは勿論、お子様や出産祝いなどに。

いつも側に置いて、ガラ紡の心地良さを是非実感して頂けたら幸いです。


※落ち綿とは、現代の紡績機では糸になりきれず無駄になってしまった、短い

 繊維の事です。

以上 Suno&Morrison デザイナーによる説明文



オーガニックコットンのガラ紡で編まれたコースター。
物腰の柔らかい配色。
コースター製作は息抜きにとても楽しく作っていると言われていた
デザイナーの齋藤さん。
作ることへの愛着を深く感じます。




Suno&Morrisonはバッグ、ストール、ポーチも非常に可愛くておすすめです。

今から多数入荷いたしますので、こちらも是非ご期待下さい。


==========================================
-Re;li[リ;リ]-
〒860-0845
熊本県熊本市中央区上通町9-14田上ビル1F
TEL / FAX : 096-354-3636
営業時間:11:00〜20:30 【年中無休】
info@reli-shop.com
商品のお問い合わせ etc..何でもお気軽にご連絡ください。

当店からメールが届かないお客様へ

TWITTER :@Relishop
Facebook:Re;li
==========================================

  • コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    concept
    photo
    blog
    map
    mail
    online shop

    Category


    Archives


    Entry


    recent comment


    Link


    Search