trippen / SPACE

  • 2012.03.08 Thursday



こんばんは、上田です。

進むべき道に迷うときは必ずある。

大切な親、仲間を考えると悩むときがある。

だけど、自分が過ごす時間というのは限られていて

やりたい事をやらないともったいないし

自分の為にならないと思う。


若いときは突っ走っていきたい。


本日は、今期より取り扱いがスタートしたtrippenのご紹介です。


【trippen】

trippen(トリッペン)は、靴職人のマイスター(特別技術資格者)で、
医療用矯正靴などの製作にも携わっていたミヒャエル・エーラーと、
それまでも靴や服のデザイナーとして活躍していたアンジェラ・シュピーツの2人によって
1992年ベルリンの小さなギャラリーで誕生しました。
トリッペンの全てのプロダクトを通じて『生産者は、環境・消費者・労働者 全てに責任を持つべきである』
というトリッペンの理念を提案しています。
trippen(トリッペン)の名前の由来は、『よちよち歩き』という意味です。昔の貴婦人は雨の日に靴が汚れないように靴を履いたうえからサボのような木靴を履いて“よちよち”歩いていました。
トリッペンが最初に発表した『履けない木のサンダル』のコレクションが、この木靴をイメージしています。
人間工学に基づき徹底した履き心地の追求を目指すブランドの名前は、
“よちよち”としか歩けない姿を形容した『trippen』という意味だったのです。


trippen / SPACE

trippen独自のやわらかいWAWレザーを使用したミドル丈のレースアップシューズ。
僕もオーダーしていて入荷を心待ちにしていました。


trippenはなんといっても穿き心地が抜群。
一歩踏み出したときからすでに足に馴染んでいます。


トゥ部分の折り返されたデザインは、日本の折り紙がモチーフとなっており
シンプルなフォルムの中にも個性が光るお靴です。


アッパーは3枚の革をタンでつなぎ合わせた独特な作り。

甲の部分はとてもフィット感がありますが、つま先部分は指先を自由に動かせれるほど余裕があり
締めつけ感がないので、1日中履いても疲れません。

実際に僕も1日中履いて体感しましたが、初めて履いたとは思えないほど
自分の足に馴染んでる感覚で、まったく疲れを感じません。


持って履くとはきやすいかかと部分のデザイン。


trippen / SPACE
KLASICA /"ETE"ROUND TAIL LOOSE CREW NECK TEE
KLASICA/"PEEL"HALF&HALF DESIGN WITH TECHNICAL KNIT
GARMENT REPRODUCTION OF WORKERS/FARMERS TROUSERS
suzuki takayuki / necklace

シンプルなデザインなのでチノやジーンズにはもちろん
クロップドパンツとの相性も良い。

スニーカーのような気軽さがあり
革靴のような上品さを併せ持ったtrippenのお靴は
一回履いてしまうと虜になります。

==========================================
-Re;li[リ;リ]-
〒860-0845
熊本県熊本市上通町9-14田上ビル1F
TEL / FAX : 096-354-3636
営業時間:11:00〜20:30 【年中無休】
info@reli-shop.com
商品のお問い合わせ etc..何でもお気軽にご連絡ください。

TWITTER :@Relishop
Facebook:Re;li
==========================================

  • この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    concept
    photo
    blog
    map
    mail
    online shop

    Category


    Archives


    Entry


    recent comment


    Link


    Search